チャットレディー話を続けるコツ
  • チャットレディー話を続けるコツ

チャットレディー話を続けるコツ

リラックスする

チャットレディー話を続けるコツ リラックスする
会話をする時に、どうしても気負いし過ぎてしまう人がいます。
会話する相手が言葉に対してとても厳しい人物、好きな相手であったりする場合、気負いしてしまってうまく話せないということがあります。

まずは、リラックスして相手の言葉をよく聞くことが大切です。
それが例え先生であっても、目上の尊敬する人間であったとしても、好きな相手でも、相手はあなたと同じ「人間」なのです。
その人に対する敬意や愛情を忘れない限り、言葉の端々に表れるものです。

「相手に嫌われてしまわないように気をつけなければ」「相手に失礼が有ったらどうしよう」と頭に置いておくのは良いことです。
しかし、あまりにも堅苦しい態度を取ってしまったら、それこそ相手にとっても居心地の悪い空間になってしまいます。

会話の上手な人は、まず「リラックスしたムードを作るところ」から始めます。
「この人とだったら、2時間でも3時間でも話していたい」と思えるような空気を作る相手には、自然と人が集まってきますし、
目上の相手であっても、好きな相手であっても、あなたと打ち解けて会話をすることが出来るでしょう。


相手の立場にたって考える

チャットレディー話を続けるコツ 相手の立場にたって考える
会話をする時は、相手の立場に立って物事を考える」。
これは、小さいころから教わっていることではないでしょうか。
相手の立場に立って物事を考えれば、相手とのコミュニケーションは必ずうまくいくはずです。

だからと言って、「相手のことなどわかるわけないのだから、考える必要はない」と諦めてしまった場合、それは必ず言葉や態度に表れます。
自分本位に偏っても、相手のことばかりを考え過ぎても、会話というものは成立しません。

しかし、「相手の立場に立って考える」というのは、とても難しいことです。
100%相手の立場を考えて行動するということは実際不可能だからです。

あくまでも、立場を置き換えて考えるということは、「自分がこんなことをされたら嫌だ」と考えることは極力しないように努め、
「相手はきっとこんなことをされたら嬉しいのではないか」と推測して言葉を選ぶことが重要です。

ただし、ただ推測するだけではいけません。
常日頃から、会話する相手の言動をさりげなくチェックし、相手がどのようなことを求めているのかを探る必要があります。
相手が伝えようとしていることを誠意を以て汲み取ろうと努力すれば、相手にもその誠意は必ず伝わります。


会話が続かない原因

チャットレディー話を続けるコツ 会話が続かない原因
自分の気持ちの中に「諦め」はないかどうか、考えてみましょう。
この諦めが原因で、会話の中に不足してくることがわかります。
会話に必要なことは、「根気」と「思いやり」と「思考力」なのです。

この三つは、違うもののようで共通しているものです。
「思いやり」の中からは必ず「思考」が生まれますし、
「思いやり」によって「根気」を持とうという努力をします。
そして、「思考」した結果、どう「思いやれば」良いのかがわかり、「根気」を持って考えれば「思考力」は養われます。

これらの三つは繋がり、会話を成立させる大事な手がかりになってくるのです。

相手に対する「わかってくれるわけがない」という諦めや、「自分は楽しい会話など出来るわけがない」という諦め
そして、「会話なんかして何になるのか」という会話自体への諦め。
これらの諦めによって、あなたの会話は相手に伝わらないものとなり、より一層会話はうまくいかなくなってしまうのです。



説明不足

チャットレディー話を続けるコツ 説明不足
会話が成立しない原因の一つとして、「説明不足」があります。
自分の頭の中では完璧に理解していても、相手にとって情報が足りないというパターンです。
会話の下手な人々の中によく見られることなので、自分の会話には説明が足りているのかもう一度よく考えてみましょう。

例えば、その会話の中に「主語」と「修飾語」は存在しているか。
会話が下手な人は、「私は花を買った」というところを、「私は、買った」と言ってしまったり
「花を買った」と略してしまう傾向にあります。

上の簡単な例文の場合であれば、主語が欠如していてもまだ伝わるかもしれません。
しかし、普通の会話中でこのような主語・修飾語の欠如が見られた場合、自分の伝えたいことが100%伝わる可能性はほぼゼロに等しく、
相手にうまく意思を伝えることができません。
しっかり主語と修飾語を遣うようにしましょう。

また、原因を説明しない会話のケースも考えられます。
例えば、「私は怒っている」だけを伝えられても、相手にとっては全く意味が通じません。
原因を伝えなければ、会話のきっかけになりません。
相手が「どうして?」と聞くのを待つのではなく、原因の説明もあらかじめ伝えることが大切です。


思いやり

チャットレディー話を続けるコツ 思いやり
「思いやりのない会話」は、最も相手との関係が破綻してしまう原因になりやすいものです。
会話をするにあたって、これを一番気をつけるべきなのかもしれません。
例え説明がしっかり出来ていても
思いやりが不足していたとすれば、それは「良い会話」とは言えません。

説明のない会話も、思いやりのない会話の一つかもしれません。

主語が全部「私が(俺が)」になっている会話かもしれません。
相手の意見を全く聞かない会話のパターンです。

これでは、会話をしている内に相手が疲れてしまいます。
自分の話を全くしてはいけない訳ではありませんが、自分の話と相手の話は交互にすることを念頭に置いて話しましょう。

最後に、相手の気持ちを全く無視した言葉づかいや言動です。
批判的なものの言い方や、ぶっきらぼうな言葉の遣い方によって、相手はひどく傷つくことがあります。

思いやりを持って話せない人間からは、どんどん人が離れて行ってしまいます。
逆に、どんなにたどたどしい話し方をしても、経験が足りなくても、思いやりさえ持っていれば、あなたと会話したいという人は山ほど現れることでしょう。
会話の基本は「思いやり」です。